面長の人に似合うウェリントン

面長タイプの人がメガネを選ぶ場合には、ほっそりとした縦長の顔型を活かすようなフレームを選ぶことをおすすめします。いろいろな形のメガネフレームがある中でも、面長な人に似合いやすいのはウェリントンと呼ばれるタイプです。ウェリントンは、台形を逆さまにしたような形のフレームのことです。スクエアに似ていますが、角に丸みがあるので角張った印象はありません。一般的にメガネの縦幅は、眉毛から顎までの長さの3分の1ほどにするとバランスが取れると言われています。ウェリントンは縦に広い形をしているので、面長の人がかけたときにちょうど良く見えることが多いです。お洒落な雰囲気があり、縦に長いフェイスラインを魅力的に見せます。

レンズの縦の幅に注目して選ぼう

似合うメガネを探すときには、顔型との相性を考えてバランスの良い形のメガネを選ぶことが大切です。そのためウェリントンタイプ以外のフレームを選びたいという面長タイプの人にも、やはりフレームの縦幅に注目して選ぶことをおすすめします。例えば横に長い長方形のスクエアや、丸みのあるボストンタイプのフレームを選ぶ場合には、縦の幅が広めのものを選ぶと面長の人に似合いやすいでしょう。しかし注意したいのは、ハーフリムタイプのフレームです。ハーフリムのようなレンズの上半分や下半分だけにフレームがあるタイプは、もともとすっきりした印象のメガネです。しかしそのため、かえって縦長のフェイスラインを強調してしまうこともあります。

顔の形で選ぶ

素材で選ぶ