丸みを帯びたものが最適

近頃、メガネをファッションアイテムとして楽しんでいる方は男女問わず少なくはないでしょう。しかし、どのフレームのメガネが自分に似合うのか分からないという人は数多くいます。実は、似合うメガネを購入するためには、自分の輪郭に合ったフレームを選ぶ必要があるのです。たとえば、四角顔や三角顔などメリハリのある輪郭の場合、丸みのあるボストン型、ラウンド型のフレームを選ぶといいでしょう。すると、顔の輪郭が強調されることなく、バランス良く着用できます。その他にも、メガネのレンズの上部にだけフレームがあるハーフリムもおすすめですよ。輪郭をすっきりと見せてくれるので、顔のラインが強調されて不自然な印象になることはありません。

避けた方がいいフレーム

四角顔の人が避けた方がいいフレームというと、スクエアタイプが挙げられます。四角い輪郭に四角い形のフレームを合わせると、輪郭がより強調されて不自然な印象になってしまうからです。優しい印象が全くなくなってしまうので、避けた方がいいでしょう。さらに、四角顔の方はレンズの縦幅が浅いフレームも選ばない方がいいですよ。縦幅が浅いとメガネが小さく見えるので、それだけ顔がより大きく見えてしまうからです。また、三角顔の方はフォックスタイプのメガネを避けた方がいいですよ。フォックスタイプのメガネをかけると、顎の鋭さがより強調されるからです。さらに、周囲からは冷たそうな印象に見られてしまうので、避けた方が無難です。

顔の形で選ぶ

素材で選ぶ