表情や視界への影響が少ない

縁なしメガネは他のメガネとは異なり、レンズを囲って固定するリムが使われていません。リムはレンズの位置を安定させ、メガネの強度を向上させる効果がありますが、その一方でメガネをかける人の雰囲気を変えてしまうのも事実です。リムの太さやデザインによっては別人のように見えてしまうことも珍しくありません。その点、縁なしメガネは顔の雰囲気に大きな影響はもたらさないので、素顔のような状態を保ちたい人やメガネを目立たせたくない人に適しています。また、視界に太いリムが入り込むこともないので、メガネに慣れていない人にも向いていると言えるでしょう。顔のおしゃれにこだわる人、視界を広く取りたい人は縁なしメガネを選ぶのが無難です。

強度が低いので丁寧に扱う必要がある

顔の雰囲気を変えたくない人に適している縁なしメガネですが、リムが使われていないので強度は低く、取り扱いには十分に注意しなければいけません。縁なしメガネはレンズの両端に穴をあけて金具を通した作りになっているので、メガネを着脱する際の圧力がレンズに直接かかる形になります。そのため、メガネを乱暴に扱うとレンズが割れてしまう可能性が否定できません。また、フレームが変形しやすいのも縁なしメガネならではの注意点です。縁ありのメガネから買い替えた人が力の入れ加減を誤り、フレームを曲げてしまうケースがあります。汚れたメガネを洗っている際にレンズを割ったりフレームを曲げるトラブルもあるので、丁寧に扱うことが重要になります。

顔の形で選ぶ

素材で選ぶ